日勤と夜勤

看護師は、夜勤があるので時間が不規則で、非常に重労働であるというイメージがあります。しかしクリニック外来や検査部門が主体となっている病院の看護師の勤務形態は、日勤が多く、朝から夕方までの勤務という生活を送っている方が多いのではないでしょうか。日勤のシフトで平穏な家族団らんの生活を楽しみたい人や、仕事と家庭の両立を目指す人には有難いシステムですが、看護師としてキャリアアップを図り、大成したいという野望に駆られる人は夜勤のある勤務形態を選択するのも一つの在り方だと思います。病棟での泊まり勤務には院内を定期的に巡回して患者の容態をチェックしたり、夜中に患者の容態が変化してその対応に迫られることもあるでしょう。眠れない患者のための相手をして話を聞かなくてはならない場面もあるかも知れません。しかし、そのような多様な突発的な出来事への、迅速で的確な対応を通じて看護師としてあるいは人間として一回りも二回りも大きくなり成長でき、病気で弱っている患者の心情が理解できる気持ちの優しい人間となるチャンスかも知れません。病棟の看護師は患者一人一人の状態を常に認識しておく必要がありますし、高度なチームワークが要求されます。また医師との信頼関係は優先事項のトップでしょう。一度はトライしてみるに値するセクションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です