子育てしながら看護師を続ける

看護師不足が慢性化している近年、子育て世代の看護師が復職しやすいような環境整備が進められるようになってきています。病院内に託児所を併設したり、近くにある託児所と提携して、看護師の子どもの一時預かりをお願いするなどして子育てで休職中の看護師が復職しやすいように配慮されるようになってきました。
出来る限り、早めの復職を希望している看護師には何よりの朗報と言えますね。
結婚、出産を経て復職するまでには、それなりの時間が必要になります。保育園にも種類があり、1歳未満の子どもを受け入れない園もあります。もしくは、離乳が完了していることを条件に挙げる園もありますので、保育園の情報は細かくチェックが必要です。
そもそも、保育園に入れないなど待機児童の問題も解消されない中、どのように看護師を復職しやすいようにするかは医療現場において大きな課題のひとつになって来ています。
国や自治体の待機児童に対する対策が遅れているという問題があり、病院側が自ら動き、子育て中で働きたくても働けない看護師の復職を後押しする形になって来ました。
看護師の安定した確保のため、病院側の努力は素晴らしいものですが、やはりまだごく一部の大きな病院に限られています。早く待機児童の問題が解消され、復職を希望する看護師を含め、子育て中の母親が働きやすい環境になることが大事です。
国や自治体の取り組みを注視しつつ、環境整備が整っている病院とのご縁があれば復職を検討してみてもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です